くらし情報『大谷翔平の通訳・水原一平氏の素顔、記者たちが語った「前職での評判」と「美人妻」』

2021年7月17日 07:00

大谷翔平の通訳・水原一平氏の素顔、記者たちが語った「前職での評判」と「美人妻」

大谷翔平の通訳・水原一平氏の素顔、記者たちが語った「前職での評判」と「美人妻」
大谷翔平選手
「キャッチャーとしての構え方は、思わずツッコミたくなってしまうほど“素人感”が出ていました。でも、彼は野球をずっとやってきたわけではないから、当然と言えば当然かもしれませんけどね」(スポーツライター)

7月13日、エンゼルスの大谷翔平選手がメジャーのオールスターゲームに出場。先発投手と“1番・指名打者”という史上初の偉業を成し遂げた。

「オールスターの前日に行われた、ホームランダービーにも日本人として初めて選ばれました。1回戦で敗れてしまったものの、30本近いホームランを汗だくで量産し、プレー後はヘトヘトに。あんなに疲れている大谷選手は見たことがありませんでしたね」(同・スポーツライター)

■日本での通訳としての評判は?

注目が集まったホームランダービーで捕手を務めたのが、ほかでもない大谷の通訳を担当している水原一平氏。今回のオールスターゲームに限らず、大谷をカメラがとらえたときに、高確率で隣に写りこむ“あの人”だ。

「試合や練習時の通訳だけでなく、トレーニングやキャッチボールの相手、球場への送迎など多岐に渡って大谷選手をバックアップしています。学生時代はサッカー部とバスケットボール部に所属していたらしいので、世界的アスリートのトレーニングについていける運動神経のよさは、そういったところからきているんでしょうね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.