くらし情報『佐々木蔵之介のオトナの嗜み「唯一の趣味は旅行」家の中で“空の旅”を満喫中』

2021年7月22日 18:00

佐々木蔵之介のオトナの嗜み「唯一の趣味は旅行」家の中で“空の旅”を満喫中

佐々木蔵之介のオトナの嗜み「唯一の趣味は旅行」家の中で“空の旅”を満喫中
佐々木蔵之介撮影/伊藤和幸
ドラマ『IP〜サイバー捜査班』に出演中の佐々木蔵之介。現在、舞台にも出演するなど多忙な日々を送っているが、そんな佐々木の最近の“癒し時間”とはーー。

「刑事とは思えないようなゆるい羽織ものを着て、サイバーにはとことん長けているが、人の情はわからないという、いわば変人の役。捜査をするのも現場には行かず、事犯係でパソコンやタブレットを駆使して解決していくわけなんですが、とにかく専門用語が多いんです。僕はパソコンも持ってないアナログな人間なので、現場では何度も絶望しながらセリフと格闘していました(笑)」

『ハンチョウ〜神南署安積班』シリーズなど、数々の刑事ものに出演してきた佐々木蔵之介。サイバー犯罪に立ち向かうスペシャリストたちの活躍を描く本作で演じるのは、自分とは正反対と話す超デジタル人間の刑事・安洛一誠。撮影は物語の舞台でもある佐々木の地元、京都で行われた。

「新幹線を降りて京都タワーを見たときや、鴨川を南から北に上がっていき比叡山を眺めたりすると、地元に戻ってきたって思いますね。京都を離れてもう20年くらいたつんですよ。今回の撮影では、“ああ、こんなふうに変わったんだ”とか“ここは変わってないな”とか思いながら京都の街並みを歩きセリフを覚えたりしてました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.