くらし情報『熱中症対策に専門家が警告! 暑い日の“定番”「塩分補給」に潜む危険』

2021年7月22日 11:00

熱中症対策に専門家が警告! 暑い日の“定番”「塩分補給」に潜む危険

熱中症対策に専門家が警告! 暑い日の“定番”「塩分補給」に潜む危険
※写真はイメージです
「熱中症予防のために、汗をかいたら塩分を補給しましょう」今の季節によく聞くフレーズだが、高血圧の専門医によると通常では塩分摂取が必要になることはまずないという。ではなぜこの時期、塩分補給の商品が店の棚に多く並んでいるのか。そこには、メーカーのある「仕かけ」があるという……。

■医者が頭を悩ます「夏の塩分補給」

暑い夏は汗をたくさんかくからか、少ししょっぱいもののほうがおいしく感じるという人もいるだろう。テレビでも熱中症対策には塩分をとるといいと呼びかけていて、ドラッグストアの店頭には塩あめや塩タブレット、塩分を含む清涼飲料水など、塩分補給をうたった商品が多く並ぶ。「夏の暑い日に塩分補給」はすっかり定着したといえるだろう。

ところが、高血圧専門医たちは、この塩分補給は命とりになりかねないと危惧しているという。

「夏は汗をかくのでたしかに水分補給は必要です。ただ、汗に含まれる塩分はさほど多くはないので、多少の汗なら、あめや飲み物から塩分をとる必要はまったくありません」と話すのは、高血圧専門医の日下美穂先生だ。

「『熱中症対策に塩分補給を』というようなCMも流れますが、かえって身体に悪いのでやめてほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.