くらし情報『芸能人のシニア婚、渡辺謙&南果歩“ビッグカップルの大誤算”「老いらくの恋」の結末』

2021年7月22日 16:00

芸能人のシニア婚、渡辺謙&南果歩“ビッグカップルの大誤算”「老いらくの恋」の結末

芸能人のシニア婚、渡辺謙&南果歩“ビッグカップルの大誤算”「老いらくの恋」の結末
(上段左から)松居一代、船越英一郎、南果歩、渡辺謙、水前寺清子、八代亜紀、小林幸子、浅野ゆう子
椎名桔平と原田知世の交際が報じられた。57歳と53歳、ともにバツイチで、結婚も噂されている。

40代以降の“シニア婚”が一般的になる中、人生経験が豊富なこうしたカップルの場合、失敗さえも糧にしながらうまくやっていけそうなものだが、そうとも限らない。2005年に結婚した渡辺謙(61)と南果歩(57)は、13年後に破局した。

■ビッグカップルの大誤算

結婚当時、渡辺は46歳で、その9か月前に一般女性の妻と離婚。南は41歳で、5年前に作家でミュージシャンの辻仁成と離婚していた。渡辺は’03年にドラマ共演で知り合った南にぞっこんで、

「果歩のすべてを一生愛する」

とまで宣言していたが、破局の原因は渡辺の裏切りである。’17年に21歳下のジュエリーデザイナーとの不倫が発覚。それも、南が乳がんで闘病中というタイミングだった。

会見を開いた渡辺は、発覚後に不倫相手と別れたことや、南から、

「こんなことであなたが積み重ねてきたものが消えるわけではないから、頑張ってね」

と言ってもらえたことなどを説明。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.