くらし情報『荻野目洋子と河合奈保子をヒットーメーカー・売野雅勇が大絶賛する「納得の理由」』

2021年8月14日 19:00

荻野目洋子と河合奈保子をヒットーメーカー・売野雅勇が大絶賛する「納得の理由」

荻野目洋子と河合奈保子をヒットーメーカー・売野雅勇が大絶賛する「納得の理由」
(写真左から)荻野目洋子、河合奈保子
中森明菜の初期の代表曲『少女A』『十戒(1984)』『1/2の神話』や、チェッカーズの人気曲『涙のリクエスト』『星屑のステージ』をはじめとして、ラッツ&スター『め組のひと』、菊池桃子『Say Yes!』、矢沢永吉『PURE GOLD』など、数々の大ヒット曲を生み出してきた作詞家・売野雅勇。

以前、売野は週刊女性PRIMEのインタビューで《明菜ちゃんは、僕が主人公(=明菜)を想像して書いた物語を遥かに超えていくからね。(中略)あれは、計算というよりも本能で表現しているんじゃないかな。天才的だよね》と、明菜が作り出す世界観を絶賛していた。

■筒美京平が荻野目洋子をリクエスト

そして、売野が中森明菜と並んで“表現力のある歌手”として挙げたのが荻野目洋子だ。荻野目は1984年にデビューし、’85年末のシングル7作目『ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)』で大ブレイク。売野は翌年に発売した次作シングル『フラミンゴ in パラダイス』を皮切りに、『六本木純情派』『ストレンジャーTonight』など、オリコンTOP10にランクインした9曲の作詞を手がけている(うち3曲が1位。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.