くらし情報『金色の屋根付き“ド派手な霊柩車”が消えた? 昨今の主流は洋型、霊柩車のイマドキ事情』

2021年8月7日 13:00

金色の屋根付き“ド派手な霊柩車”が消えた? 昨今の主流は洋型、霊柩車のイマドキ事情

金色の屋根付き“ド派手な霊柩車”が消えた? 昨今の主流は洋型、霊柩車のイマドキ事情
宮型霊柩車写真提供/ハース・ジャパン
最近、めっきり目にしなくなったギラギラと輝くド派手な霊柩車。いったい、あの霊柩車はどこに行ってしまったのだろう。そこから見えてきた、霊柩車にまつわるイマドキの事情とはーー。(取材・文/ライター・熊谷あづさ)

■3タイプに分かれる霊柩車

子どものころによく目にしていた、黒い車体に金色のお社のような装飾をつけたド派手な霊柩車。そういえばこのごろは、“ザ・霊柩車”的な霊柩車を見かけなくなりました。とはいえ、霊柩車は昨今の葬儀の過程で欠かせないもののひとつです。

そもそも、霊柩車が一般的に用いられるようになったのは1910年代後半だといわれています。当初はトラックの後部に輿を据えてご遺体を搬送し、次第に輿が据え置きの形になったそうです。

ド派手な霊柩車の行方やその種類といった、霊柩車に関する疑問や近年の霊柩車事情について、名古屋を中心に愛知県、岐阜県、東京都でご遺体の搬送業務を行う霊柩自動車運送事業の専門会社「(株)ハース・ジャパン」にお話をうかがいました。

「霊柩車には3つのタイプがあり、一般的に霊柩車でイメージされるお社のような輿がついた車両は『宮型』です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.