くらし情報『《五輪直前ルポ》千葉県一宮町の無観客サーフィン「この夏、逆にいちばん静かな海だとしても」』

2021年7月22日 12:00

《五輪直前ルポ》千葉県一宮町の無観客サーフィン「この夏、逆にいちばん静かな海だとしても」

五輪会場は東京から約100キロ、房総半島の太平洋側に位置する千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ。会場に向かう沿道には「TOKYO 2020」などと記したカラフルな幟(のぼり)がはためき、通りがかりの女性はその様子をスマホで撮影していた。

「雰囲気だけでも、と思って」

と笑った。

《五輪直前ルポ》千葉県一宮町の無観客サーフィン「この夏、逆にいちばん静かな海だとしても」
サーフィン会場の「釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ」正面口付近には複数の警備員が
新型コロナウイルス感染者増による東京都の緊急事態宣言を受け、1都3県(千葉、神奈川、埼玉)は無観客開催を決定。2016年の開催地決定から準備してきた同町の住民であっても、生観戦できなくなった。浜から離れた会場出入り口に警備員が立ち、それ以上は近づけない。

規制外の隣の海岸から会場をながめても、会場内の施設にさえぎられて様子はうかがえない。そもそも遠すぎて人の姿が確認できても米粒以下の小ささだから“観戦の抜け穴”は皆無といっていい。

それでも諦めきれず、

「どこかのスポットから少しでも競技を見られないものか」

と町役場に尋ねた住民もいる。

気持ちはわかるがそんな場所は見当たらず、無観客の意図も踏まえるとテレビ中継を観戦するしかないだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.