くらし情報『「メンタルを鍛えようとしてはいけない」数々のトップアスリートを救った発想の転換』

2021年8月13日 12:00

「メンタルを鍛えようとしてはいけない」数々のトップアスリートを救った発想の転換

文部科学省の疲労研究班が行った調査では、日本人のおよそ6割は「慢性的な疲れを抱えながら暮らしている」そうです。また、ビジネスパーソン3000人を対象に実施された最新のアンケート調査では、なんと8割以上の人が「日頃から疲れを感じている」と回答しています。

なぜ日本人は、こんなにも疲れを抱えているのでしょうか?

「動作解析」の専門家で、多くの現役プロスポーツ選手を指導するメディカルトレーナーの夏嶋隆さんによれば、

「ストレスなどによる精神的疲労や、情報化社会にさらされている脳の疲労など、さまざまな要因が絡み合って“疲労”は生まれます。しかし、疲労がとれない大きな要因の1つは、日本人の多くが“疲れる姿勢”“疲れる動作”を習慣にしていることが挙げられます」

夏嶋さんの著書『疲れないカラダ大図鑑』では、この“疲れる姿勢・動作”を“疲れない姿勢・動作”に変えることで肉体的疲労を改善する方法のほか、精神的疲労や脳疲労を解消するための“疲れない生活習慣”を紹介しています。

ここでは、プロアスリートも実践してるという「メンタルコントロール術」に焦点をあてて紹介したいと思います。

(※本稿は『疲れないカラダ大図鑑』(夏嶋隆著・アスコム)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.