くらし情報『篠原涼子が離婚! “ワンオペ育児”市村正親が許せなかった「母より女優」の価値観』

2021年7月25日 21:00

篠原涼子が離婚! “ワンオペ育児”市村正親が許せなかった「母より女優」の価値観

篠原涼子が離婚! “ワンオペ育児”市村正親が許せなかった「母より女優」の価値観
市村正親と篠原涼子
東京オリンピック開幕に日本中が沸いている最中に発表された篠原涼子・市村正親夫妻の離婚。‘05年に結婚し、’08年には長男、‘12年には次男を出産し、これ以上ない幸せを手に入れていたはずだった――が“予兆”はあった。

「篠原さんが友人男性やママ友たちと“夜遊び”する姿が何度も週刊誌にキャッチされていましたからね。16年には江口洋介さんと深夜まで2人でデートしていた……なんてこともありましたし」(スポーツ紙記者)

昨年8月には別居報道も。

「事務所は“コロナの家庭内感染対策”と説明していましたけど、中学生と小学生の子どもを残して、母親が1年以上家に帰って来ないのは何かがあったってこと。でなきゃ別居なんてしませんよ」(情報番組スタッフ)

だが、2人の子どもの親権は“市村が持つ”という発表には驚きの声が上がった。

「いまも舞台で主演を張るとはいえ、市村さんは72歳。7年前には胃がんも患っていますから体調面でも気をつけることは多いはず。普通に考えたら、親権は篠原さんだろうと思うんですが……」(同・情報番組スタッフ)

別居以前から、子どもたちの面倒は市村が見ることが多く“ワンオペ”状態だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.