くらし情報『台風から身を守るために知っておくべき「NG行動」、専門家が教える防災の心得』

2021年7月27日 05:00

台風から身を守るために知っておくべき「NG行動」、専門家が教える防災の心得

台風から身を守るために知っておくべき「NG行動」、専門家が教える防災の心得
※画像はイメージです
集中豪雨や局地的な大雨などの災害が、毎年のように発生しているが、今年は想像以上だ。気象庁のデータによると、1時間あたり50mm以上の「非常に激しい雨」と、80mm以上の「猛烈な雨」が、年々増加傾向にあることがわかっている。

ゲリラ豪雨と猛烈な落雷で停電になって電車が止まり、水が出なくなるなど社会インフラへも影響することから、早めの避難を心がけることや、この時期の雨対策が重要だ。

■集中豪雨や大雨、台風に備える

「天気の急変や大雨が続いていることから、主婦層の防災への意識が急激に高まっているのを感じます」と話すのは防災備蓄収納1級プランナーで主婦インスタグラマーのぴょこぴょこぴさん。定期的に防災をテーマにしたインスタライブなどを開催しているが、最近は参加者が急増。特に反響が大きかったのが「水害時のトイレの逆流防止策」だ。

豪雨時は下水が逆流し、トイレから水が噴き出ることがある。下水道の水位が急上昇することが原因で「ゴポゴポ」といった音が聞こえてきたら危険信号。無視すると泣きを見ることに……。

「汚水が逆流なんて想像しただけでおそろしい……ですよね。そこでおすすめなのが“水のう”です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.