くらし情報『真夏のエアコン節電は「日中はつけっぱなし」と“18時以降”のマル秘テクがカギ』

2021年7月29日 17:00

真夏のエアコン節電は「日中はつけっぱなし」と“18時以降”のマル秘テクがカギ

真夏のエアコン節電は「日中はつけっぱなし」と“18時以降”のマル秘テクがカギ
※画像はイメージです
思わず誰かにLINEしたくなる!知って楽しい、おもしろ雑学を2つ紹介。今回は、夏のエアコンの節電テクニックとスイカと塩の美味しい関係について。

■日中と夕方以降で使い方を変えるのがコツ

Q夏になると跳ねあがる電気代。エアコンのおトクな使い方は?
A日中と夕方以降で使い方を変えるのがポイントです。

いよいよ猛暑本番、この時期、大活躍のエアコンだが、気になるのは電気代だ。総務省の調査によると、夏場の電気代は安い時期と比べると1・3倍近く高くなるという。そこで、もっとも電気代が抑えられるエアコンの使い方を、空調機大手メーカーのダイキン工業に聞いた。

「日中(9時~18時)の在宅時は、エアコンはつけっぱなしにしているほうが電気代を抑えることができます」(広報の由井明日香さん)

エアコンはスイッチを入れて室温を大きく下げるときにもっとも電力を使うので、暑い日中に何度もつけたり消したりすると電気代が余計にかさむのだ。ところが、夜間は事情が異なるという。

「外の気温が下がり、室内との温度差が小さくなる18時以降は、つけっぱなしにした場合よりも、30分ごとにオン・オフを繰り返したほうが消費電力が少なくなる傾向にあることが実験でわかっています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.