くらし情報『真夏のエアコン節電は「日中はつけっぱなし」と“18時以降”のマル秘テクがカギ』

2021年7月29日 17:00

真夏のエアコン節電は「日中はつけっぱなし」と“18時以降”のマル秘テクがカギ

「対比効果というのは、甘味やうまみが塩味によって強調されるのですが、甘味やうまみと違い、塩味は基本的に塩だけなので、味の対比効果は『塩の効果』といえるかもしれません」(水野さん)

また、スイカと塩の組み合わせは夏バテ対策でも大活躍だ。塩分が加わると、糖分や水分が効率的に吸収されるようになるので、塩のかかったスイカは天然のスポーツドリンクとでもいうものになる。夏場に汗をかいて水分と塩分を失った身体にはまさにうってつけだ。

ではいつも塩をかけたほうがいいのかというと、そうともいいきれない。

スイカに塩をかけるとたしかに甘く感じるようになるが、もともと十分甘いスイカでは塩をかけると甘くなりすぎておいしさのバランスが崩れてしまう可能性がある。

近ごろのスイカは甘いものも多いので、甘い中心部分はそのまま、甘くない皮のほうにだけ塩をかけて食べる、と使い分けるのが正解だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.