くらし情報『熊田曜子の夫「暴行罪での起訴は想定内」、妻が親権を死守するため突きつけた条件』

2021年7月29日 05:00

熊田曜子の夫「暴行罪での起訴は想定内」、妻が親権を死守するため突きつけた条件

熊田曜子の夫「暴行罪での起訴は想定内」、妻が親権を死守するため突きつけた条件
熊田曜子
「7月16日に、東京地検は熊田曜子さんの夫で会社経営者のAさんを暴行罪で起訴。現在、3人の子どもは熊田さんと一緒に暮らしていますが、双方は親権をめぐり代理人を通して話を進めている最中です」(スポーツ紙記者)

ことの発端は5月18日の未明だった。

「熊田さんは夫から暴行を受けたと110番通報し、Aさんは現行犯逮捕されました。当初は一方的なDVかと思われていましたが、釈放されたAさんは週刊誌の取材に対して暴行を否定し、以前から熊田さんの浮気を疑っていて、その日は彼女に詰め寄っていたことを告白。後に、他人の精液がついた熊田さんの大人のおもちゃの存在や、彼女の不倫をにおわせる音声データの存在も明らかになりました」(同・スポーツ紙記者)

■親権争いで最重要とされているのが

そんなドロ沼騒動中の起訴は、今後2人にどのような影響をもたらすのか。『弁護士法人・響』の古藤由佳弁護士に聞くと、

「Aさん自身は暴行の事実を否認しているようなので確定的なことは言えませんが、仮に有罪になった場合、暴行罪の法定刑は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または勾留もしくは科料となります。初犯であれば罰金刑で終わることがほとんどだと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.