くらし情報『小山田圭吾が受けた「40年後の罰」、いじめられた側が語る当時の背景』

2021年7月26日 16:00

小山田圭吾が受けた「40年後の罰」、いじめられた側が語る当時の背景

小山田圭吾が受けた「40年後の罰」、いじめられた側が語る当時の背景
小山田圭吾
《マットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたりとか。小道具には事欠かなくて、マットの上からジャンピング・ニーパットやったりとかさー。あれはヤバイよね、きっとね(笑)》

耳を疑うような所業を嬉々として語る者、そしてそれに対して“問題ない”と判断し、そのまま掲載する雑誌があった。それは’90年代のこと……。

■五輪の開会式担当となり
多くの人に知られることに

冒頭の引用は「いじめ紀行」なる企画で、ミュージシャンの小山田圭吾が語っていたものだ。時を経て、これらの発言がオリンピックという世界的イベントを巻き込んだ大騒動となっている。

「東京五輪開会式の音楽担当の1人だったミュージシャンの小山田圭吾さんが、過去にしていたインタビューでの発言がネット上で拡散。大炎上し、結果的に担当を辞任するに至りました。

いじめの内容がひどかったのはもちろんですが、何よりその対象が障害を持っている人だったことが批判の対象になりました。障害者に優しく出来ないというのは、オリパラの精神に著しく反していますからね。“なぜそんな人物が、開会式の音楽を担当しているのか?”と疑問の声が噴出するのは想像に難くありません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.