くらし情報『山咲トオル「私の性格では“オネエ=毒舌”になれなかった」休業に至ったワケを告白』

2021年7月31日 16:00

山咲トオル「私の性格では“オネエ=毒舌”になれなかった」休業に至ったワケを告白

山咲トオル「私の性格では“オネエ=毒舌”になれなかった」休業に至ったワケを告白
山咲トオル
いじめられっ子から異色漫画家として’00年代にブレイクした山咲トオル。最盛期のテレビ出演本数は255本、休みも月に1日だけに。しかし、当時のオネエはキワモノ・ゲテモノ枠で扱われることも多くあり、複雑な思いを抱えていたようで……。そんなジェンダーレスタレントの先駆けが抱えていた悩みとはーー。

■アイドル歌手になりたい

「絵を描きたいという理由で休んだので、特に休業宣言はしなかったんです」

ホラー漫画家とは思えない俳優顔負けの端正な顔立ちに、柔らかいオネエ言葉のギャップがウケ、最盛期の年間テレビ出演本数は255本と’00年代に大ブレイクを果たした山咲トオル。小学生のころから現在のキャラクターだったこともあり、いじめを受けていたという。

「LGBTという言葉がなかった時代ですからね。小学生のときは石を投げられることもあったし、中学生のときは学校中から“オカマ!”と呼ばれていました」

しかし、地元で唯一のデザイン科のある高校に進学したことで、環境が一変する。

「個性的な学生が多かったこともあり、私のキャラクターも受け入れてもらえたんです。同級生は今でも連絡を取り合う大切な存在ですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.