くらし情報『渡辺えり、女優業はセリフが覚えられるまで「78歳でも続けられていたら、めっけもん」』

2021年8月2日 05:00

渡辺えり、女優業はセリフが覚えられるまで「78歳でも続けられていたら、めっけもん」

渡辺えり、女優業はセリフが覚えられるまで「78歳でも続けられていたら、めっけもん」
渡辺えり撮影/伊藤和幸
「優柔不断でついつい支払って、気がついたらお金がないのは私とそっくりです(笑)」

ベストセラー小説を舞台化した『喜劇老後の資金がありません』に主演する渡辺えり。

老後資金に貯めていた1200万円が娘の派手婚、姑への仕送り、舅の葬儀費用のため目減りし、さらには夫婦そろって失職するなかで奮闘する主人公の篤子を演じる。

誰しもが直面するいまどきのテーマは、渡辺自身も関心を寄せる。

「高齢化社会を迎えて、みんながシビアに考えないといけないことだと思います。特にコロナによって財政が赤字になって年金が少なくなったり、医療費が高くなったりするのではと心配です。

認知症や身体が不自由になったときに入居できる介護施設の充実は必要だと思います。月15万円ぐらいのところを5万円ぐらいで提供してもらえるようになれば、預金がなくても何とかなるのではないかと。国にはそういう対策をしっかりしてもらいたいと思います。

認知症などにならない場合は、死ぬまで働くということになるでしょうね。私は、働くにしても誰かの役に立ちたいと思います。舞台稽古の真っ最中ですが、上演したときにお客様が本当に喜んでくれないと嫌ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.