くらし情報『篠原涼子が離婚、“結婚反対”の実父が吐露していた「市村正親への不安」』

2021年7月27日 14:30

篠原涼子が離婚、“結婚反対”の実父が吐露していた「市村正親への不安」

当時、八重沢さんが潔く身を引いたこともありますが、業界内外でも好感度が高い市村さんと篠原さんだけあって“結婚できてよかった”という雰囲気が作られていました」

しかし、彼らの結婚に「反対」していたのが、2010年に71歳で他界した篠原の実父・勝雄さんだった。

■「結婚は、反対だよ」

2005年3月、篠原の結婚情報をキャッチした『週刊女性』が訪れていたのが、群馬県桐生市にある彼女の実家。

篠原のポスターがいたる所に貼られた玄関。室内まで通してくれた勝雄さんは、愛娘の活躍ぶりには目を細めて嬉しそうに話すも、市村との結婚については頑なに口を閉ざしていた。ところが、長い沈黙を破って《結婚は、反対だよ》とこぼしたのだった。

その理由を《まだ時期じゃない》と答えると、続けて堰(せき)を切ったように思いを明かし始めたのだった。

《やっぱり市村さんの年齢がちょっとね……。世間から見れば“年齢の差なんて”っていうかもしれないけど、いざ自分の娘のことになるとね……。25歳も離れてるんだよ。あと10年もすれば、今の自分と同じくらいになっているんだよ》

勝雄さんとは10歳と違わない市村。「娘さんをください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.