くらし情報『瀬戸大也の“むかつく発言”が炎上も、SNSの「誹謗中傷コメント」は削除される謎』

2021年7月28日 19:15

瀬戸大也の“むかつく発言”が炎上も、SNSの「誹謗中傷コメント」は削除される謎

そのおかげか、批判的なコメントがなくなった瀬戸選手のツイッターは、応援リプライのみが残るスッキリしたものに。一方のインスタグラムには、現在も夫婦への批判が残っているが、「淘汰されるのは時間の問題かも」とはSNS事情に詳しいITライター。

「実は昨今の社会問題にもなっているSNSなどによる誹謗中傷への対策として、警視庁は五輪アスリートから被害届が出された場合には対応する方針をこの度示したのです。仮に瀬戸選手が自身のSNSに寄せられた誹謗中傷を訴えれば、逮捕もありえるということ。

ネットで誹謗中傷を繰り返すユーザーというのは、本当に相手が憎いからではなく、“標的”を探してはストレス解消やいたずら心でやっている人がほとんど。いざ、自分に“被害”が及ぶとなれば即、投稿やアカウント自体を削除するもので、瀬戸選手のツイッターでも同様の現象が起きているのでは?」

瀬戸選手に残されたレースは200m個人メドレーのみ。批判をシャットアウトして、今度こそ金メダルを獲得してほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.