くらし情報『《日航機墜落事故から36年》当時、松田聖子が生存者の12歳少女に送った肉声テープの中身』

2021年8月12日 05:00

《日航機墜落事故から36年》当時、松田聖子が生存者の12歳少女に送った肉声テープの中身

《日航機墜落事故から36年》当時、松田聖子が生存者の12歳少女に送った肉声テープの中身
日航機墜落、事故当時の様子(’85年)
夏になると思い出される日航ジャンボ機墜落事故。毎年8月11日には、群馬県の上野村の神流川で「灯籠流し」が行われているが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止に。今年は村の職員が遺族に代わって灯籠にあかりをともす「置き灯籠」が行われることとなった。

あれから36年目の夏ーー。

1985年8月12日、日本航空123便が群馬県上野村の御巣鷹山に墜落した。乗客乗員524人のうち、犠牲となったのは520人。その中には、歌手の坂本九さんや元宝塚歌劇団の娘役で女優の北原遥子さんなど、多くの著名人も含まれていた。

当時、『週刊女性』は事故の一報を受け、数人のカメラマンと記者が現場となった御巣鷹山に急行。中には、川の水を飲みながら山を登ったカメラマンもいた。そして、たどり着いた現場で、多くのマスコミが目にした現場は、まさに地獄絵図といっても過言ではなかったーー。

そんな中、奇跡的に生存者が救助される。助かったのは、たったの4人。その中で、ひときわ注目を集めたのが、当時12歳の少女・A子ちゃん。一家で旅行中だったA子ちゃんは、同乗していた父・母・妹を亡くし、野球部の練習で留守番をしていた兄(当時14歳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.