くらし情報『大谷翔平と羽生結弦が「恋人にしたい」ランキングを席巻!真の王子はどっち⁉︎』

2021年8月18日 11:00

大谷翔平と羽生結弦が「恋人にしたい」ランキングを席巻!真の王子はどっち⁉︎

大谷翔平と羽生結弦が「恋人にしたい」ランキングを席巻!真の王子はどっち⁉︎
大谷翔平、羽生結弦
活躍する場所は違うけれど、どちらも1994年生まれで東北出身。大谷が野球を始めたのは、小学校2年生のとき。指導したのは、彼が小学校卒業まで所属していた『水沢リトル』の浅利昭治さんだった。

■(1)始まりの地、東北

「翔平は自分の小学校にある軟式野球のスポーツ少年団ではなく、硬式の水沢を選んだんです。“ここには友達がいないけどいいの?”と聞いたら“大丈夫です。僕は硬式がやりたい!”と。丸刈りでヒョロッとした普通の子だったけど、根性がありましたね」

それから5年間、一度も練習を休まなかったという。

「指導を受けると、次の練習までに改善してくる子でした。キャッチボールひとつとっても、回転を意識したりして1球も無駄にしない。普通の小学生じゃなかなかできないことですよ。プレーはずば抜けていたけど、偉ぶることなくチームメートと仲よくふざけていました」(浅利さん)

一方、羽生がフィギュアスケートを始めたのは4歳。小2から小6までの間は、都築章一郎コーチが指導した。

「幼いころに喘息だったので、治すためにとお姉さんと一緒に通い始めました。練習中は高い集中力を発揮するタイプで、納得するまで徹底的にやるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.