くらし情報『鳥越俊太郎、新型コロナウイルス報道への“違和感”とがん経験者だからこそ言えること』

2021年8月17日 11:00

鳥越俊太郎、新型コロナウイルス報道への“違和感”とがん経験者だからこそ言えること

鳥越俊太郎、新型コロナウイルス報道への“違和感”とがん経験者だからこそ言えること
鳥越俊太郎撮影/近藤陽介
テレビが今より話題の中心だった時代、ニュースやワイドショーの時間の「顔」は、みんなの関心ごとでもありましたーー。時代の変遷や衝撃、ワクワクを伝えてくれたあの人は、今、どうしているの?現在、ウェブマガジンやYouTubeも話題の鳥越俊太郎さんをインタビュー。

鳥越俊太郎(とりごえ・しゅんたろう)
1940年、福岡県出身。ジャーナリスト。京都大学卒業後、毎日新聞社に入社。記者、サンデー毎日編集長を経て、『ザ・スクープ』(テレビ朝日系列)キャスターに。ウェブマガジン『鳥越俊太郎の今あなたに伝えたいこと』、公式YouTubeで配信中。

■「ワクチンで防げる新型コロナウイルスは、
がんに比べればはるかにマシ!」

キャスター時代と変わらないフサフサの髪、ツヤツヤの肌からは、とても80歳を過ぎているとは思えない鳥越俊太郎さん。

「僕の髪が抜けなかったのは、母方の祖父の遺伝。母親は94歳で亡くなりましたから、僕も90歳くらいまでは生きられるんじゃないかな。身体は週2回ジムで鍛えているので努力もしていますけどね」

現在もウェブマガジンで社会の動きを発信し、YouTubeでは識者といわれる有名人とのインタビュー対談を行っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.