くらし情報『細田佳央太、“コワイ”と言われた高校時代と女性のタイプを語る「ひと目ぼれはしない」』

2021年8月19日 16:00

細田佳央太、“コワイ”と言われた高校時代と女性のタイプを語る「ひと目ぼれはしない」

細田佳央太、“コワイ”と言われた高校時代と女性のタイプを語る「ひと目ぼれはしない」
細田佳央太(19)撮影/渡邉智裕スタイリング/岡本健太郎ヘアメイク/菅野綾香(ENISHI)
「もじくんは、僕の中ではすごく難しかったです。原作を読んで“こういう柔らかい子をやるんだ”ってイメージはできたんですが、沖田監督から“原作を意識せず、細田君らしくやってほしい”と言われまして。そうなってくると、“自分らしくやるって何だろう?”という問題にぶち当たってしまって……。(上白石)萌歌ちゃんに本当に引っ張っていただきました。何よりの感謝です」

■女の子としゃべるときには緊張します

水泳部の美波(上白石萌歌)はある日、書道部のもじくん(細田佳央太)とアニメ作品で意気投合。もじくんの家で発見したお札をきっかけに、生き別れた父親を探し始める。どちらかといえば、まだギリギリ子ども。そんな高校生のひと夏の冒険、成長、そして淡い恋心……。出演映画『子供はわかってあげない』が全国公開に。

「もじくんは、どんな子でも受け入れられるやさしさを持った子。人を拒否するところから始まらない。僕はあんなにやさしくないって言ったらアレかもしれないけど(笑)、自分にはないものを持っているので、うらやましいなと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.