くらし情報『朝ジョギング、禁煙が寿命を縮める!? まじめな人ほど危険「やってはいけない健康習慣」』

2021年8月22日 06:00

朝ジョギング、禁煙が寿命を縮める!? まじめな人ほど危険「やってはいけない健康習慣」

“健康第一”を掲げてまじめに過ごすより、少しいいかげんなほうが健康長寿を目指せるといっても過言ではありません」(奥村先生、以下同)

■喫煙者は新型コロナへの感染率が低い!

タバコも絶対悪ではない、と奥村先生は言う。

「喫煙者は、新型コロナウイルスを発症してしまうと重篤になる人が多いようですが、感染率はタバコを吸わない人より低いという国際的なデータもあります。これは、“一服”する時間がプラスの影響を与えているから、かもしれません。というのも、喫煙中は自然と頭の中が空っぽになる状況をつくることができ、悩みや心配事から解放される時間が持てるから。ストレスが軽減し、免疫力が高まるからだと考えられます。ですから、喫煙もほどほどにしておけば、人によっては健康にプラスと考えることもできるのです」

もちろん、喫煙や飲酒、運動不足、偏った食生活などは、度が過ぎると身体によいとはいえない。

「抱え込んでいるストレスと天秤にかけたときに、タバコを吸ったり飲酒をしたり、毎日の運動を課さないことがその人の気分を楽にしてくれるなら、免疫力のアップになるのでそれでいい。免疫力が高ければ、がんにも病気にもかかりづらくなりますから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.