くらし情報『婚活をしても連続不発! 空気を読めない “残念な男性” が言った「余計な言葉」』

2021年8月23日 16:00

婚活をしても連続不発! 空気を読めない “残念な男性” が言った「余計な言葉」

と言いました。すると、太田さんが楽しそうに言いました。

「あ、それって、“見せ財布”ですよね。『女性は払う気がなくても、お財布を見せる』って、仲人さんが言ってました。お見合いは男性が払うのがルールですから、ここは大丈夫ですよ」

確かにこの調子でお見合いをしていたら、太田さんに“交際希望“を出す女性はいないでしょう。「5人くらいにお会いして、結婚相手を決める」と意気込んでいても、お相手から交際希望が来なければ、結婚はできません。

■結婚を言い出した途端、逃げ腰に

結婚相談所のお見合い婚活を始めて、3か月経った友美さん(35歳、仮名)が、あるとき、ウキウキした声で連絡を入れてきました。

「お見合いでお会いした男性には、正直“いいな“と思える方がいなかったんです。それで、マッチングアプリにも登録してみたんですね。そしたら、すごく素敵な男性にお会いできて。2度ほどデートをしたんですが、その方とちょっと真剣に向き合ってみたいなぁと思っています。ただ、アプリなので、向こうにはお仲人さんがいるわけではないし、気をつけるべきことってありますか?」

出会いは、どこにでもありますし、結婚相談所、マッチングアプリ、婚活パーティなど、どこで婚活をしても私は、いいと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.