くらし情報『婚活をしても連続不発! 空気を読めない “残念な男性” が言った「余計な言葉」』

2021年8月23日 16:00

婚活をしても連続不発! 空気を読めない “残念な男性” が言った「余計な言葉」

実際にマッチングアプリや婚活パーティで出会い、結婚している人たちもいます。

ただ、ここで気をつけるべきことがあります。結婚相談所の場合、入会するときに独身証明書、身分証明書、収入証明書、学歴証明書などの公的書類を提出しないと入会ができないので、プロフィールに書かれている情報に嘘がありません。

ですが、アプリの場合は、そうした書類の提出は任意なので、ほとんどの方が提出をせすに登録をしています。イベント業者が主催するパーティでは、免許証などの身分証明書を見せるだけで参加できるもの、またそんなものをいっさい見せなくても参加できるものがあります。チェックが甘ければ、年齢、学歴、職業、年収を詐称したり、既婚者が独身を装ったりもできますよね。

なので、チェックの甘い婚活市場で婚活する場合は、お相手がどんな人なのか見極められる目を持つことが大切。また、何が起こっても、たとえ騙されても、そこは自己責任です。そんな話を友美さんにしました。すると、数週間後にこんな連絡がきました。

「アプリの彼から、『嫌いではないけれど、結婚は考えられない』って、言われたんです。これってどういうことなんでしょうか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.