くらし情報『DaiGoの “差別的発言” にホームレスが反論「死ねと言われる筋合いはない」』

2021年8月20日 16:00

DaiGoの “差別的発言” にホームレスが反論「死ねと言われる筋合いはない」

DaiGoの “差別的発言” にホームレスが反論「死ねと言われる筋合いはない」
仲間と酒盛りをいていたホームレスたち。娘との関係について語ったCさん(左)とBさん(右)
「人間の命と猫の命は人間の命の方が重いなんて僕全く思ってない。自分にとって必要もない命は軽い。だから別にホームレスの命はどうでもいい」

「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めているわけではない。生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしいと僕は思う」

これはメンタリストDaiGoが、自身のYouTubeチャンネルにて発言をした内容だ。

社会的弱者への差別的な発言に批判が殺到。生活困窮者やホームレスの支援を行う団体が声明を発表するなど、社会的問題にまで発展している。

■河川敷にいたホームレスを直撃

“必要ない”と言ったDaiGoに何を思うのか。ホームレスに話を聞くため、『週刊女性』記者は多摩川の河川敷に足を運んだ。

橋脚の下に建てられた小屋で談笑していたホームレス3人に声をかけた。

「週刊誌の記者さん?どこの雑誌だい?」

最初は怪訝な表情を浮かべたが、名刺を出して話を聞きたいと伝えると、

「いいよ!何が知りたいんだよ!!」

と気さくに取材に応じてくれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.