くらし情報『雨上がり決死隊の解散は、蛍原徹が宮迫博之を「許せなかった」だけのこと』

2021年8月20日 17:00

雨上がり決死隊の解散は、蛍原徹が宮迫博之を「許せなかった」だけのこと

雨上がり決死隊の解散は、蛍原徹が宮迫博之を「許せなかった」だけのこと
解散した雨上がり決死隊
8月17日にコンビ解散を発表し、32年間の歴史にピリオドを打った、雨上がり決死隊。

同日、YouTubeの吉本興業チャンネルとAbemaTV内で『アメトーーク  特別編』として2人の会見を生配信し、思いを語った。配信には東野幸治、FUJIWARA、出川哲朗、ケンドーコバヤシらも同席し、トーク番組的な雰囲気を演出する会見となった。

「宮迫は吉本との契約を解消されているわけですから、関係者へのFAXやHP上での文字による発表だけでもよかったと思いますが、2人は会見をした。しかも『アメトーーク』仕立てというところに、吉本からの“親心”のようなものを感じました」

と語るのは、ある芸能ジャーナリスト。

「宮迫としては、この会見をひとつのきっかけにして、地上波番組への本格復帰など、ワンチャン狙っていた部分はあったかもしれません。しかし、YouTubeが安定して人気を獲得できているとはいえ、“2年間のズレ”を感じました。蛍原こそいつもと変わらない雰囲気でしたが、共演者たちとの噛み合わなさや温度差、さらにスベっているかなという部分がありましたね」(同)

■“もう許せなかった”ということ

いっぽうで、バラエティーや情報番組などを手がけるある放送作家は、今回の『アメトーーク』仕立ての会見について、「あの形は正解だったと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.