くらし情報『千葉真一さんが売り込んだ、真剣佑と郷敦を従えた「ハリウッド時代劇」の中身』

2021年8月24日 21:00

千葉真一さんが売り込んだ、真剣佑と郷敦を従えた「ハリウッド時代劇」の中身

それからたった10日ほどですから。お考えがあったのか、ワクチン接種をしていなかったのも影響したようです。

真剣佑さんはアメリカでの映画撮影があって日本を離れていて戻ってこられず、郷敦さん、樹里さんも感染のおそれがあることから最期をみとることができなかったそうで……。あれだけお元気だったのに」(前出・スポーツ紙記者)

千葉さんは、80歳を超えてもなお、本当にエネルギッシュだった。亡くなる2か月前の6月25日、千葉さんは週刊女性のインタビュー取材にも笑顔で応じてくれていた。担当編集者が振り返る。

「最近は、こうした取材で息子さんたちの話ばかり聞かれるのが不満だったそうで。“俺はまだまだ現役”という思いだったんでしょうけれど、当日も取材時に“この後、映画会社に企画の売り込みに行くんだ!”とおっしゃっていたくらいで。まさか、こんなことになるとは信じられないですね……」

■最後まで語った映画人の情熱

結果的に“生前最後の肉声”となってしまったこのインタビューでも、千葉さんは“まだまだ現役”そのままに、演じること─映画人としての情熱をほとばしらせた。

「毎日が自分との戦いですよ。特別なトレーニングというよりも、日ごろの積み重ねでしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.