くらし情報『大阪から上京し女性にわいせつ、コンビの主犯格が地元で起こしていた“連続強姦”の悪行』

2021年8月24日 05:00

大阪から上京し女性にわいせつ、コンビの主犯格が地元で起こしていた“連続強姦”の悪行

大阪から上京し女性にわいせつ、コンビの主犯格が地元で起こしていた“連続強姦”の悪行
写真左から、主犯格といわれている井戸侃也容疑者(本人フェイスブックより)、温厚な性格だったという明神功武容疑者(出身校のHPより)
「叫んだら殺すぞ」

そう言って女性を脅し、わいせつ行為に及ぼうとした2人組が捕まった──。

警視庁は8月10日、住所不定の井戸侃也(なおや)容疑者(27)と大阪府に住む明神功武(いさむ)容疑者(23)を逮捕した(いずれも職業不詳)。

逮捕容疑は、今年4月に東京・文京区の女性用シェアハウスに侵入し、30代の女性を押し倒してわいせつな行為をしようとしたというもの。

「大阪から東京に訪れていた2人は、帰宅途中の女性を見つけると家まで後をつけた。そして女性が玄関を開けた瞬間、肩をつかんで中に押し入った」(全国紙社会部記者)

その際に容疑者らは「叫んだら殺す」と脅したが、女性が大声を出したため逃走。

「犯行後に新幹線で大阪へ戻ったが、周辺の防犯カメラには2人が女性の後をつける様子が映っていて、逮捕に至った」(同・全国紙記者)

警察の調べに対し明神容疑者は容疑を認めているが、井戸容疑者は否認している。

何の目的で2人が大阪から上京していたのかは不明だが、コロナ禍で、県をまたぐ移動の自粛が求められていたときの出来事だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.