くらし情報『高野洸が語る“Dream5デビューと転機”、3回目の紅白出場目標は「ソロか審査員席」』

2021年8月26日 08:00

高野洸が語る“Dream5デビューと転機”、3回目の紅白出場目標は「ソロか審査員席」

「ミュージカル作品に声をかけていただけるようになってから、本格的にボイストレーニングを始めました。だんだん歌うことに自信がついていったのは、舞台を見てくださったお客さんの反応がものすごく大きかったです。“今日はよかった”、“今日はちょっとダメだったな”という経験を積み重ねることで、たくさんのことを学ぶことができたと思います」

■いつかと思っていたソロアーティストに

俳優としてソロファンミーティングを開催したことで、ソロアーティストという肩書が近いものになった。

「役に気持ちをのせて、独特の発声方法で歌うのがミュージカル。ソロアーティストは、どれだけ高野洸を出せるかというところにあります。ただ、舞台でもソロアーティストとしてステージに立つときも、歌詞を大切に、心をのせて歌いたいという思いは変わりません」

’19年にソロアーティストとしてデビュー。今年3月には初のアルバムをリリースし、初の全国ツアーもスタートさせている。表現者として活躍の場を広げている高野は、ニューシングル『Vacances(ヴァカンス)』を発売したばかり。「“夏”という季節をテーマにした3曲を収録したシングルになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.