くらし情報『水族館の“イルカショー”に動物愛護団体が危惧「生け捕りの時点で虐待は始まっている」』

2021年8月26日 05:00

水族館の“イルカショー”に動物愛護団体が危惧「生け捕りの時点で虐待は始まっている」

水族館の“イルカショー”に動物愛護団体が危惧「生け捕りの時点で虐待は始まっている」
東さちこさんの団体職員が撮影した番組出演のトレーナーによるイルカ殴打シーン
コロナによって息苦しい生活を強いられている昨今。生活様式は一変した。しかし、そんな人間たちの欲のために生活様式を一変させられるものたちがいる。それは生活様式などという生ぬるい表現からはみ出すほどの“変化”。

《何気ない日常の裏側で、日本を支える人たちがいる。私たちの知らないところで、どんな働きをしているのか?》(番組HPより引用)を伝える、武井壮がMCを務める番組『BACKSTAGE』(TBS系)。

8月8日の放送では、『しながわ水族館』のイルカショーの舞台裏を取り上げた。2歳のイルカ『ミント』に演技を教え、ショーデビューまでの3か月に密着。

■狭いプールが死の原因になることも

しかし、内容や水族館の施設について、動物愛護団体からだけでなく、SNSなどで一般人からも批判が相次いだ。その理由は。

「日本で最も水深の浅い最悪の施設」

番組を見てそう話すのは、動物愛護団体『PEACE』代表の東さちこさん。

「鯨類を小さな水槽に閉じ込めて飼育すること自体、世界的に批判があるのに、まるでショーを宣伝するかのような内容で驚きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.