くらし情報『MISIA、フジロックで『君が代』熱唱の理由を直撃! 「平和を願う気持ちで…」』

2021年8月26日 05:30

MISIA、フジロックで『君が代』熱唱の理由を直撃! 「平和を願う気持ちで…」

MISIA、フジロックで『君が代』熱唱の理由を直撃! 「平和を願う気持ちで…」
東京五輪で『君が代』を歌い上げるMISIA(共同通信)
8月20日から3日間、新潟県湯沢町で2年ぶりに開催された国内最大級の野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL’21」。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で例年よりも入場者数を制限するなか、3日間で延べ35,499人が参加したという。

最終日に登場したのは日本を代表する歌姫・MISIAだ。2018年以来、3年ぶりの出演に気合十分だった様子で、代表曲の『Everything』ほか10曲を熱唱。MCでは「私が言いたいことはね、これだけ。……コロナのバカヤロー!」と叫び、会場のボルテージを上げた。

しかし、このセットリストの“一曲目”がネット上で話題に。

■『君が代』でツアーが延期に?

「彼女が選んだのが、東京オリンピックの開会式でも歌った『君が代』でした。緊急事態宣言下での開催自体に否定的な意見も多かったロックイベントで国歌とは何事だ、ということもあり、SNS上で賛否が飛び交いました。

もちろん現地の会場では大きな拍手が沸き起こっていましたが、それと同数の困惑も呼んでしまった。MISIAさんは出演する前日にもホームページで長文のメッセージを発表し、感染対策の徹底を呼びかけていましたし、盛り上げたい一心で『君が代』を歌っただけなのだと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.