くらし情報『教師のセクハラでうつ病・自殺未遂・不登校に、女子中学生が起こした「1円」訴訟の中身』

2021年8月30日 11:00

教師のセクハラでうつ病・自殺未遂・不登校に、女子中学生が起こした「1円」訴訟の中身

教師のセクハラでうつ病・自殺未遂・不登校に、女子中学生が起こした「1円」訴訟の中身
雪美さん(仮名)が起こした「1円」訴訟。8月31日に判決が出る
「先生が授業中、私のこめかみと、おでこを、つっつくような感じで触れてきました。私は怖かったので、何も言えませんでした」

中学3年生の雪美さん(仮名、15)=東京都千代田区=は、小学校5年時の担任教諭から受けた行為がセクハラだと感じた。それに加え、同級生からは担任から「ひいき」されていると見えたようで、いじめにもあった。

それから雪美さんはうつ状態になり、自殺未遂をし不登校になったため、’19年に学校設置者の千代田区と担任の教諭と校長に対し、損害賠償を求めた裁判を起こした(判決は8月31日に出る予定)。損害額は「お金の問題じゃない」とし「1円」。当初、弁護士はつけず本人訴訟だったが、途中から弁護士をつけて闘うこととなった。

裁判を起こした心境について、雪美さんはこう話す。

「弁護士なしで裁判をしたのは、勇気があったわけじゃないんです。どうしても、責任追求をしたいという気持ちが強かったんです。途中で何度もやめようと思ったことがありました。それでも続けたのは、事実を認めて、謝罪をしてほしかったんです。(裁判では)自分が言いたいことは言えたと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.