くらし情報『「お茶はアガリ、勘定はオアイソ」お寿司屋さんで使われる独特の符丁の由来は?』

2021年9月1日 08:00

「お茶はアガリ、勘定はオアイソ」お寿司屋さんで使われる独特の符丁の由来は?

「お茶はアガリ、勘定はオアイソ」お寿司屋さんで使われる独特の符丁の由来は?
※画像はイメージです
思わず誰かにLINEしたくなる! 知って楽しい、おもしろ雑学を2つ紹介。今回は、お寿司屋さんで使われる符丁の由来と「太平洋」と「大西洋」の漢字が違う理由について。

■お寿司屋さんの符丁の由来は屋台

【Q】お寿司屋さんでお茶のことをアガリというのはなぜ?

【A】食事の最後の“仕上がり”に飲むからアガリといいます。

寿司屋ではお茶のことをアガリというが、なぜ「アガリ」なのだろうか。

清水すしミュージアムの名誉館長の日比野光敏さんによると、「諸説ありますが、アガリという名前は仕上がりのお茶、つまり食事の最後に飲むお茶、ということからきています。実は飲むタイミングによってお茶の呼び方は違っていて、食事のはじめに飲むお茶のことは本来、デバナといいます」とのこと。

もともと最後に飲むお茶を意味していたが、いつからか、どのタイミングで飲むお茶もアガリと呼ぶように。

ちなみに、アガリに粉茶が使われるのは、寿司屋が江戸時代に屋台から始まったため。次から次に来る客に対応できるよう、熱湯でさっと溶ける粉茶が使われるようになったのだ。

ところで、寿司屋ではなぜアガリのように、客には意味がわかりにくい符丁が使われるのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.