くらし情報『小池百合子に蓮舫、“アナウンサー出身”の「女性政治家」はなぜ多い?を徹底検証』

2021年9月6日 05:00

小池百合子に蓮舫、“アナウンサー出身”の「女性政治家」はなぜ多い?を徹底検証

小池百合子に蓮舫、“アナウンサー出身”の「女性政治家」はなぜ多い?を徹底検証
(左から)田中真紀子、小池百合子、蓮舫、丸川珠代
小池百合子東京都知事、丸川珠代オリンピック担当大臣、蓮舫立憲民主党代表代行……。彼女たちの共通項は、ずばりキャスターやアナウンサー出身ということ。

こういった、キャスターやアナウンサーの女性政治家は以前から多い。なぜなのか?

■仕事の特性を生かし政界へ

政治評論家の八幡和郎さんは「まず、滑舌のよさが政治家として大きなメリットだからでは」と語る。

「日本の選挙のやり方は討論会を頻繁に行う海外と違い、街頭演説が大事。だから、声がよく聞こえるという長所が生きてくる。選挙カーのアナウンスもそうだし、当選後には議会中のやじも同じ。アナウンサーのスキルは政治の場で力を発揮するんです」(八幡さん)

キャスター出身の女性政治家といえば、やはり小池百合子だ。

「彼女はそもそもキャスターをやりたかったのではなく、政治家を最初から目指していて、その過程で名前を大きくするためにキャスターになった気がします。彼女の父親(医療関係の貿易を営んでいた故・勇二郎氏)も政治家を目指した人ですしね」(八幡さん)

小池といえば、緑を基調にした着こなしが印象深い。広告やCMなど、第一線で活躍するスタイリストのBALENCIAKOさんはファッションの観点から小池を分析した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.