くらし情報『内藤剛志だから語れる『科捜研の女』の裏話、マリコとの“三角関係”と土門愛』

2021年9月2日 17:00

内藤剛志だから語れる『科捜研の女』の裏話、マリコとの“三角関係”と土門愛

内藤剛志だから語れる『科捜研の女』の裏話、マリコとの“三角関係”と土門愛
内藤剛志撮影/廣瀬靖士
「僕が演じる土門は、わりとシンプルなキャラクター。役柄によっては、正義感の塊だけれども何かあるという二重構造にする方法もありますが、彼に関しては言っていることがすべて本当でウソはない。強くて、みんなと協力して仕事ができる。一筆書きできるような、理想の男として演じています」

’99年の放送から20年以上にわたり愛され続けているドラマ『科捜研の女』。科学を駆使して難事件を解決する警察組織のスペシャリスト集団である科捜研(科学捜査研究所)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)とバディを組む捜査一課の刑事・土門薫を演じているのが内藤剛志。

シーズン5となる『新・科捜研の女』から土門として出演を続けている。

「モデルになる存在はいません。15年かけてスタッフや僕たち俳優で作り上げてきたものです。例えば、ドラマを愛してくださる方にとって、土門といえばこの臙脂色の無地のネクタイのイメージが強いと思いますが、ブルーを締めてみたりと試行錯誤していくなかでたどりつきました」

ディテールひとつからも、長く愛されている作品であることを実感させられる。共演者であり、主人公のマリコを演じる沢口について聞くと、

「やっちゃん(沢口靖子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.