くらし情報『「お前はつまらないヤツ」木村拓哉が書いた手紙【キムタクへ】が予見した未来』

2021年9月6日 16:00

「お前はつまらないヤツ」木村拓哉が書いた手紙【キムタクへ】が予見した未来

「お前はつまらないヤツ」木村拓哉が書いた手紙【キムタクへ】が予見した未来
1995年時の木村拓哉(22歳)
2021年9月9日、本来ならば30周年という記念の年を迎えていたSMAP。

1991年9月9日、デビュー曲『Can’t Stop!! -LOVING-』で芸能界の扉を開けた6人は誰もが認める国民的グループとなる。しかし、25周年を迎えるはずだった2016年に解散。以降は揃って顔を合わせることはなく、それどころかバラバラの立ち位置にいる。

ジャニーズ事務所に残った木村拓哉。2017年9月に退社して『新しい地図』を立ち上げた稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。2020年4月に自分の城である『のんびりな会』を設立した中居正広。そして1996年5月にグループを脱退して、以後はオートレーサーとして活躍する森且行。

その森が脱退する前年の1995年、8月26日から27日にかけて放送された日本テレビ系『24時間テレビ』のパーソナリティーを務めたのがSMAPだった。現在こそ、ジャニーズアイドルが毎年のようにパーソナリティーを務めるのが当たり前のようになっているが、その先駆けこそ彼ら6人。アイドルながらも他分野に挑戦し続けた彼らこそ、現在のジャニーズの“道しるべ”と言っても過言ではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.