くらし情報『《白金高輪硫酸事件》花森弘卓容疑者、中学時代に起こした“彫刻刀騒動”に不気味な笑み』

2021年8月31日 17:30

《白金高輪硫酸事件》花森弘卓容疑者、中学時代に起こした“彫刻刀騒動”に不気味な笑み

《白金高輪硫酸事件》花森弘卓容疑者、中学時代に起こした“彫刻刀騒動”に不気味な笑み
硫酸をかけたとして逮捕された花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)高校の卒業アルバムより
東京メトロ白金高輪駅で男性会社員(22)に硫酸をかけたとして逮捕された花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)。

『週刊女性』が取材を進めると、容疑者は過去にも大事になりかねない物騒な事件を起こしていたことがわかった――。

■花森容疑者の生い立ちと家族

今回の事件が起きたのは8月24日の夜。花森容疑者は不動産会社に勤める被害男性を尾行し、硫酸をかけた。

男性は顔に火傷を負い、なんとか失明は免れたものの全治6か月の重傷。近くにいた30代女性にも液体がかかり、軽症を負った。

「その後、容疑者は自宅のある静岡県にいったん戻ったあと、すぐに飛行機に乗って沖縄まで逃亡を図った。しかし傷害容疑で公開指名手配され、28日に沖縄県内で逮捕された」(全国紙社会部記者)

被害男性とは琉球大学時代の映画サークルでの先輩・後輩という間柄だった2人。

はっきりした動機は未だ不明。しかし2人は事件の1か月ほど前にも都内で顔を合わせており、その際に容疑者は男性の“態度”について直接文句を言っていた。

捜査では「大学時代に(男性が)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.