くらし情報『《白金高輪硫酸事件》花森弘卓容疑者、中学時代に起こした“彫刻刀騒動”に不気味な笑み』

2021年8月31日 17:30

《白金高輪硫酸事件》花森弘卓容疑者、中学時代に起こした“彫刻刀騒動”に不気味な笑み

先生を交えた面談になったのですが、先生が叱ってもまったく反省する様子はなかった。終始、ニヤニヤしていたそうです」(前出・同級生)

突拍子もないことをしでかすところは当時からあったようだ。

中学卒業後は県内の私立高校を一浪した後に琉球大学農学部に進学。ところが数年前に医療関係に勤める中国人の母親が急死。天涯孤独の身となった容疑者は静岡に戻り、静岡大学農学部に編入して昆虫の研究を続けていた。

この“昆虫好き”もあらぬ方向に走っていたようで、

「容疑者は売買が禁止されている沖縄のカブトムシやクワガタなど、固有種を飼育・密売してひと儲けしていたようです」(前出・全国紙記者)

幼少期には将来、生物学者になることが夢だと語っていたという容疑者。今の彼の姿に、亡くなった両親は嘆いていることだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.