くらし情報『身長141cm “小人症のプロレスラー” が打ち明けた本音「むしろ笑ってくれ!」』

2021年9月4日 15:00

身長141cm “小人症のプロレスラー” が打ち明けた本音「むしろ笑ってくれ!」

「障がい者を笑いものにするな」という視聴者からの声をきっかけに、徐々に衰退していってしまった「こびとプロレス」をご存知だろうか。小人症という名の障害を持つ、“こびとレスラー”は、日本に2人しかいない。そのうちのひとり、プリティ太田(43)にこびとプロレス存続の危機と未来を聞いたー。

身長141cm “小人症のプロレスラー” が打ち明けた本音「むしろ笑ってくれ!」
試合後のプリティ太田とミスター・ブッダマン
「むしろ笑ってくれ」

そう笑顔で語ったのは身長141cmの“こびとレスラー”ことプリティ太田(43)だ。

こびとプロレスはミゼットプロレスとも呼ばれ、成長障害を持った小人症という低身長のレスラーがリングに上がり、熱戦を繰り広げるプロレスだ。小人症のレスラーだけが所属するこびとプロレスは『全日本女子プロレス』に所属し、その前座として活躍してきた。

1980年代には『8時だョ!全員集合』(TBS系)や『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)に出演し、お茶の間を楽しませ大きな話題になったが、「障がい者を笑いものにするな」という視聴者からの声がきっかけとなり、徐々に活躍の場は狭まったという。

■「こびとプロレス」存続の危機、レスラーは2人だけ

「女子プロ全盛期の時は、こびとプロレスは前座だったけど、お笑い要素が強い試合は人気だったそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.