くらし情報『身長141cm “小人症のプロレスラー” が打ち明けた本音「むしろ笑ってくれ!」』

2021年9月4日 15:00

身長141cm “小人症のプロレスラー” が打ち明けた本音「むしろ笑ってくれ!」

やりたいと思う若い世代が入ってきてくれるかもしれない。40代なので将来に不安もありますが、それでも会場での観客の笑顔や声援を見たらまだ頑張りたい! って思ってしまうんですよね(笑)」

本当はプロレス一本で生計を立てていきたいのが本音。しかし、突然飛び込んでくる女子プロレスの前座、地域のイベントやメディア出演を最優先にしたいと思い、融通のきくアルバイトを選んだ。

試合の予定が入れば、対戦相手となるブッタマンと入念な打ち合わせしたいところだが、専用の練習用のリングがないため、身体作りしかできないという。

「こびとプロレスは“お笑い要素”がかなり強いので、対戦前に構成を組んで、どうやったら面白く見えるか、本当はもっとしっかり考えたいんです。でも現状はリングがないので細かい構成が組めず観客に見えにくくなってしまうことも……。それでも、“障がい者を笑いものにするな”という概念を取っ払って僕たちのエンターテイメントを楽しんでもらうためには、どうしたらいいのか日々考えています。

笑っていいのかわからないみたいな空気になるよりも、むしろ笑ってくれって思ってるんですよ」

そんな彼らの背中を押すようにプロレスラーの蝶野正洋やダンプ松本など名だたるレスラーが活動を支援している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.