くらし情報『佐々木蔵之介、「最後の大物独身俳優」が結婚できない理由に“情熱家すぎる一面”』

2021年9月6日 09:00

佐々木蔵之介、「最後の大物独身俳優」が結婚できない理由に“情熱家すぎる一面”

佐々木蔵之介、「最後の大物独身俳優」が結婚できない理由に“情熱家すぎる一面”
『COTTONUSAAWARD2017』授賞式での佐々木蔵之介(’17年5月)
佐々木蔵之介(53)が新型コロナウイルスに感染したこと8月29日に発表、同日に千秋楽を迎える予定だった主演舞台『君子無朋くんしにともなし~中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝~』も中止となった。現在放送中のドラマ『IP~サイバー捜査班』(テレビ朝日系)でも主演を務めているが、同局は「放送の予定(第8話・9月9日)に影響はありません」とした。

■佐々木蔵之介にあった熱愛騒動

佐々木は所属事務所を通じて、

「幸いにも症状は出ておらず、今後の対応については保健所からの連絡を待ち、ご指示に従い療養いたします。(中略)必ずや回復後、これまで以上に精進し、役者として皆様に作品創りを通してお返しする所存です。何卒よろしくお願いいたします。」

とコメントを発表した。

『IP~サイバー捜査班』では「サイバー総合事犯係」主任刑事という“超デジタル人間”を演じているが、佐々木自身はニュースを読むのは紙の新聞、スマホの文字もトグル入力という真逆の“超アナログ人間”だという。

そんな佐々木は、竹野内豊と共に“最後の大物独身俳優”と呼ばれているが、これまでも熱愛の噂はいくつもささやかれてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.