くらし情報『【女子高生死体遺棄】和美容疑者、前夫との子ども3人は育児放棄「邪魔になって捨てたようなもの」』

2021年9月2日 16:30

【女子高生死体遺棄】和美容疑者、前夫との子ども3人は育児放棄「邪魔になって捨てたようなもの」

【女子高生死体遺棄】和美容疑者、前夫との子ども3人は育児放棄「邪魔になって捨てたようなもの」
小森和美容疑者
8月31日、都内の私立高校に通う鷲野花夏(わしのかな・18)さんが山梨県内の山小屋で遺体となって見つかった事件。

死体遺棄の疑いで群馬県渋川市に住む小森章平(27)、妻の和美(28)の両容疑者が逮捕されていた。

『週刊女性』は章平容疑者の同級生に取材を行い、「女児へのストーカー行為」「カッターナイフ振り回し事件」といった過去の変わった行動や、かつて「人を殺すときは残虐なやり方で」と語っていたなどの事実を報じた。

さらに取材を進めると、妻である和美容疑者の奇妙な”素顔”が浮かび上がってきた――。

「章平容疑者と和美容疑者が結婚したのは今年の5月です。結婚直前まで和美容疑者には別の夫がいましたが、DVが原因で離婚していました。その直後に再婚していたというわけです」(全国紙社会部記者)

■近所では不気味がられる存在だった

容疑者夫婦が住んでいた渋川市内にある“愛の巣”には元々、和美容疑者と前夫が暮らしていた。離婚後、妻名義で購入された自宅に三重県から引っ越してきた章平容疑者が住み始めた。

新婚生活を送っていた2人だが、そこで起きたのが今回の事件だ。

「章平容疑者は2年前からツイッターを通じて、今回犠牲になった鷲野さんとやり取りをしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.