くらし情報『『新しい地図』大河ドラマやパラでNHKに貢献、3人での「紅白初出場」に現実味』

2021年9月9日 21:00

『新しい地図』大河ドラマやパラでNHKに貢献、3人での「紅白初出場」に現実味

『新しい地図』大河ドラマやパラでNHKに貢献、3人での「紅白初出場」に現実味
左から草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の『新しい地図』
9月9日、デビュー30年を迎えるSMAP。すでに解散したが、幻の“30周年”を多くのファンが祝っている。メンバーはそんなファンの思いを受け止めながら、それぞれの道を歩き始めていて─。

9月5日、東京パラリンピックは大熱狂で幕を閉じた。大会を盛り上げたのは、選手たちの奮闘と“あの3人”のサポートが大きい。

「香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんが、国際オリンピック委員会アンバサダーを務めました。特に、香取さんはパラリンピックサポートセンターに壁画を描くなど、熱が入っていましたね」(スポーツ紙記者)

2017年にジャニーズ事務所を辞め、『新しい地図』として再スタートした3人の道のりは平坦なものではなかった。

「2019年に公正取引委員会が、ジャニーズ事務所に対して、3人を出さないようテレビ局に“圧力”をかけた疑いで注意していたことが発覚。その後は、地上波の出演も増えていますね」(同・スポーツ紙記者)

最近は、草なぎがNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演するなど、NHNでの活躍が目立つ。さらに、“オリンピックの年”ということで、3人にこんな期待が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.