くらし情報『《池袋暴走事故》裁判長“異例の説諭”も虚しく、それでも飯塚被告が「控訴する」理由』

2021年9月6日 21:00

《池袋暴走事故》裁判長“異例の説諭”も虚しく、それでも飯塚被告が「控訴する」理由

《池袋暴走事故》裁判長“異例の説諭”も虚しく、それでも飯塚被告が「控訴する」理由
判決の日、自宅からタクシーで東京地裁に向かう飯塚被告
「非常に微妙な判決と言わざるをえない。私たちの世界では“マケた”判決ですね」

そう語気を強めるのは、交通事故訴訟に詳しい高山俊吉弁護士。ここでいう“マケた”とは、量刑を軽くしたという意味だ──。

一昨年の4月、東京・池袋で飯塚幸三被告(90)が運転していた車が暴走。松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(当時3)が死亡したほか、9人の重軽傷者を生む大惨事となった。

事件当時、大事故を起こしたにもかかわらず、飯塚被告は逮捕されずに一度も留置場に入らなかったことが問題視された。

「旧通産省工業技術院の元院長だったため、“上級国民は特別扱いか!”と警察はバッシングを受けました」(全国紙社会部記者)

そんな“上級国民”に対して自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)を問う公判の判決が9月2日、東京地裁の104号法廷で下った。

■裁判長の異例の説諭に飯塚被告は

検察側は飯塚被告に対して禁錮7年を求刑していたのだが、下津健司裁判長の判決は意外なものだった。

「主文。被告を禁錮5年に処する」

その瞬間、飯塚被告は視線を落としたまま、微動だにしなかった──。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.