くらし情報『児童虐待と言われた「4歳児ホスト」の母・ちいめろ、大バッシングにも負けない“家族愛”』

2021年9月9日 11:00

児童虐待と言われた「4歳児ホスト」の母・ちいめろ、大バッシングにも負けない“家族愛”

児童虐待と言われた「4歳児ホスト」の母・ちいめろ、大バッシングにも負けない“家族愛”
4歳児ホストくんなどと呼ばれていた琉ちゃろくん(枠内)と、その母親のちいめろさん
ユーチューバーとしても活躍するちいめろさん。インターネットでの動画配信や地上波のバラエティー番組などにも出演。若いママ世代を中心に絶大な人気を誇っている。

13歳の長男琉ちゃろ(本名・琉雅くん)と10歳の長女ひめちゃん(本名・麗姫愛ちゃん)の子育てに奮闘するカリスマ・ママなのだ。

“ちいめろ”の名が広く世に知れ渡ったきっかけは、当時4歳だった息子の琉ちゃろくんにホストの格好をさせてSNSに投稿したことがきっかけだった。髪を金色に染め、一流ブランドに身を包み、シャンパンにキスをする幼児……。センセーショナルともいえる写真に、ちいめろ親子に大きな関心が集まった。

当時は「子どもにホストの格好をさせるなんて」と眉をひそめる人もいたが、どうしてホストだったのだろう?本人に尋ねてみると……。

「ちい(自らの呼び名)、ジャニーズが大好きで!小さいころから琉ちゃろ(長男)はめちゃくちゃ可愛かったのでジャニーズに入れたかったんです♪」

そう理由を説明するちいめろさん。

「ジャニーズに入ってもデビューまで下積みが長くなったら大変なので、まずは知名度を上げなくちゃって思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.