くらし情報『かまいたち、大躍進の裏にあった「いじられキャラ」への変貌と「テレビ界の新指標」』

2021年9月10日 21:00

かまいたち、大躍進の裏にあった「いじられキャラ」への変貌と「テレビ界の新指標」

「かまいたちは早い時期から吉本興業が正統派コンビとしてプッシュしていました。一方、チョコレートプラネットは『キングオブコント』の決勝に進むなどその実力は評価されながらも、IKKOさんのものまねで世に出た一発屋タイプ。

その後も『TT兄弟』や『悪い顔選手権』など、いろんなキャラクターを連発。いわば“力技”で次世代のMC候補まで上り詰めた珍しいパターンでしょう」

ブレイクを語るうえで重要な3つ目の理由が、“イジられキャラ”へ変貌したことと語るのは、前出の放送作家だ。

「大阪時代は後輩に厳しい“怖い先輩”キャラでした。でも全国放送の番組に出るようになってからはイジられる機会も増え、本人たちもそれをすんなり受け入れたことで使いやすくなったと評判です」

■大阪芸人の強み

前出の大塚さんは、彼らの変化は2度あったと語る。

「1度目は『ふくらむスクラム!!』に出演するタイミングで、コンビ名を漢字表記の『鎌鼬』から、現在のひらがな表記に変えたことでコンビ名を覚えてもらいやすくなりました。2度目は’18年にフジテレビ系の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』で、山内さんが妖怪に扮して仕掛け人として登場するようになったこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.