くらし情報『「ヤラセなかった」北野大が振り返る『クイズダービー』と、ガッツ石松の“伝説笑言”』

2021年9月23日 06:00

「ヤラセなかった」北野大が振り返る『クイズダービー』と、ガッツ石松の“伝説笑言”

「ヤラセなかった」北野大が振り返る『クイズダービー』と、ガッツ石松の“伝説笑言”
北野大
「前任の篠沢(秀夫)先生も完璧には正解できなかったから、気は楽でしたね(笑)」

そう振り返るのは、回答者の1人として出演していた北野大(まさる)。最高視聴率は40・8%。1976年から16年間にわたり放送されたクイズ番組『クイズダービー』(TBS系)。一般視聴者3チームが正解しそうな回答者を1人選び、持ち点を賭ける……という競馬の手法を取り入れた斬新なルールがウケ、一躍、国民的番組に。

「僕が受け持った1枠は男性の一発逆転枠で、僕の正解率は2割ぐらいでしたね。プロデューサーには“正解には個性が出ない。間違えるから個性が出るので、間違えても問題ありません”と言われていたし、本業の大学教授の仕事も忙しかったので、番組用に勉強することはなかったです」

タレント活動も行う教授の先駆け的存在の北野大だが、テレビに出るきっかけはTBSのミスだったという。

「『サンデーモーニング』が始まる際に理系のコメンテーターを探していたそうなんです。番組で司会を務める関口宏さんが大橋巨泉さんに相談したところ、弟を通じて上の兄貴と面識があったことから、“(ビート)たけしの兄貴がいいと思う”と推薦したとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.