くらし情報『離婚・病気・災害・親の介護…“人生のピンチ”を救う「届け出ただけでもらえるお金」』

2021年9月25日 08:00

離婚・病気・災害・親の介護…“人生のピンチ”を救う「届け出ただけでもらえるお金」

離婚・病気・災害・親の介護…“人生のピンチ”を救う「届け出ただけでもらえるお金」
イラスト/はやかわくにこ
離婚、病気、ケガ、倒産、親の介護、自然災害……。人生の岐路に立たされるようなピンチにみまわれ、まとまったお金が必要になったとき、かなり「使える」のが、国や自治体の助成金や給付金だ。セーフティーネットともいうべき、お得な制度の最新情報をご紹介する。

■急なピンチはいつ来るかわからない

長い人生、いつどんなピンチが襲ってくるかわからない。避けられない出来事が起きたとき、最後に頼りになるのはやっぱりお金だ。災害や失業、病気など、いざというときの備えとして、月の生活費の3~6か月分が必要だといわれている。

結構な額になるが、実はそんなとき、国や自治体の助成金や給付金が頼りになる。

「結婚や出産、転職、定年など、人生のターニングポイントで私たちの生活環境は一変します。まとまったお金が必要になるケースも多く、特に突発的なピンチであるほど、家計への影響は大きくなります」というのは、税理士でファイナンシャルプランナーの服部大さんだ。

助成金や給付金は、国や自治体から、一定の条件を満たす対象者に支給されるお金。財源は公的な資金なので、受けるためには届け出が必要。

少々面倒に感じるかもしれないが、そのひと手間で、さまざまなピンチを乗り越えられる可能性が高まると服部さんは言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.