くらし情報『離婚・病気・災害・親の介護…“人生のピンチ”を救う「届け出ただけでもらえるお金」』

2021年9月25日 08:00

離婚・病気・災害・親の介護…“人生のピンチ”を救う「届け出ただけでもらえるお金」

急に親が病気で倒れて入院。ついに高齢の親の介護がスタートした。いろいろとお金がかかりそうで不安が……。

<ピンチ6>自然災害で被災(63歳)
大きな災害でなんと自宅が倒壊!住む家がなくなって、この先どうなることやら……。

病気・ケガで休職■仕事に行けなくても賃金の8割を補償してもらえる!

仕事を長期間休むことになったとき、心配なのがその間の収入。でも、もし原因が仕事中のアクシデントなら、手厚い補償が受けられるという。

●療養時の収入を補償「休業補償給付」

「仕事が原因の病気やケガを労災といいますが、労災で仕事を休んで給料がもらえないときに、給料の8割を支給してくれるのがこの制度です。しかも、仕事中だけでなく通勤中の事故なども含まれます」

対象は労災によって働くことができない会社員で、自営業やフリーランスの人は残念ながら対象外となる。

支給は、連続して3日間仕事に就けない日があったあとの4日目からスタート。

仕事に就けなかった欠勤3日分は、会社が給料の6割を支払うことが義務付けられているので、給料がもらえない日はないと考えていい。

給付の日数制限は設けられていないが、1年6か月たっても治らないときは、「傷病補償年金」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.